おせっかいだったのか…?

日常
05 /03 2013
近所のスーパーに買い物に出て、踏切にさしかかった時
警報が鳴り始めたので はは、渡るのをやめました。
(いつも信号をしっかり見ております)

ははの向かい側にいた高齢の男性が ふらふらと踏切に進入し
斜めに横断したかと思いきや、遮断機の下 ぎりぎりのところで立ち止まり
そのままボーッと 立ちつくしていました(・_・;)
男性の位置は ははの道路向こう。

まわりの人も ひやひやした目で見ており…
はは、耐えきれなくなって 道路向こうに走り
「あぶないですよ」と 声をかけました。

男性は数歩前に進み、線路から離れられたのですが…
無表情な冷たい目で じっと見つめられました。
認知症の方だったのか、何だったのか… 

ただ 男性が踏切から離れた直後 ものすごい勢いで
電車が通過したので あのままにしていたらと思うと
ゾッとしました…

判断が難しいですね
2013_03250017.jpg

高齢者の多い こと家周辺…
地域のつながり、わが身の老い… 
いろいろと考えさせられた ははでありました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

良い判断。

ことははさん、、

こんにちはぁ。
そんなことがあったのですね。
それは、ことははさんは良い事をしたと思います。
して後悔するより、しないで後悔する方が嫌ですし、この場合の後悔は本当にぞっとするようなことに繋がる可能性があったのですものね。
ことははさん、、お疲れ様でした。
今日のことちゃんも可愛いですっ♪
あのお目目は何を訴えているのでしょう。

良いGWをお過ごしくださいね!

ハルママより

ハルママさん

こんばんは!
ありがとうございます!(T_T) ホントにどういう方か
わからなかったので… でもあのまま立ってると
遮断機に当たりそうでしたし…

この辺は 高齢者が多いんです。
その分、地域の方もよく見ておられるようで。
いつかは自分も老いる身。
いろいろ考えさせられました。

ことちゃんは… 最愛のちちしか見ておりません(笑)