FC2ブログ

愛情、一番。

ことちゃんと体調
05 /31 2016
ことちゃんの薬、おやつ、ごはんで
いっぱいだったワゴンの中。
譲ったり処分したりして
今は毎日お供えするための
生前好きだった
おやつ2種類のみとなりました。

201605311.jpg

慢性腎不全と診断されてから
病院に通いつつ
他の動物病院のHPや
同じ病気のワンコのブログを
参考にさせていただきながら
ちちははなりに やってきました。

療法食を食べてくれなくなった3か月間は
なんとか食べてくれるフード
(半生、ウエット、生食)の他
手作り食でやり過ごしていました。
手作り食、とても紹介できるような
代物ではありません。
ただリンとタンパク質には気を付けて
作っていました。

噛む力や歯の状態も考えて
小さくちぎったり
丸めたり
スープに浸してあげたり。
最後の1か月はずっと
ははの手から
少しずつ少しずつ 食べておりました。
はは、ハンドクリームも石けんも使えず
手は常にガサガサヒリヒリでした。

食べる度に
「いいこだねぇ、グッドガールだよ!」と
大げさにほめました。

とは言え、絶対的に食べる量が少なく
亡くなる1週間前には
急激に食欲が落ちました。
そんな中、ことちちが釣ってきたイサキを
進んでおいしそうに食べてくれて…
本当に 親孝行な子でした。
ちちはは、泣きました。

ことちゃんは9歳半でうちに来た頃から
肝臓の数値が高く、
13歳半で甲状腺機能低下症になり
それぞれ治療を続け
14歳2か月で慢性腎不全と診断されてからは
そちらの治療に重きを置いておりました。
同じ慢性腎不全でも
持病や体質によって
症状の進み具合や治療法は
それぞれなのだと思います。
ですから腎機能の数値はあくまで
めやすにはなりますが
それにとらわれず、
獣医さんと相談しながら
全体的な その子を見てあげた方が
良いと思います

ことちゃんの状態を考慮しつつ
ちちははの生活も大事にしながら
無理のない、顔で笑ってココロで泣いて
明るい介護生活を心がけました。

それは、先に亡くなったワンコさんたちのブログ、
そして励ましのコメントを下さった
皆さんのおかげでもあります。

ははがことちゃんの闘病について
綴るのは これで最後にしようと思います。
ことちゃんと約束しました。前を向いていきます。

今頑張っているワンコさん&パパママさんたち
応援しております。
そして先輩ワンコさん&パパママさんたちにも
お礼申し上げます。

ワンコとパパママさんにとって
できる範囲で無理のない治療をやれば
それでいいと思います。

そして 最後まで必要なのは
愛情、これに尽きると思います。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト