FC2ブログ

痛いナミダとうれしいナミダ。

ことははのこと
01 /29 2016
小学校手話クラブの指導を終え
帰宅途中のはは。
左足首をグキッと…
やっちまいました(^^;)

自分でも小骨が折れるような
ピキッという感触がわかったので
あ、これはまずいと(^^;)

自宅まであと100メートルというところが
不幸中の幸い(^^;)
なんとか帰宅しました。

手話通訳者の依頼に時間がかかるので
その日のうちには病院に行けず
翌日の手話通訳者の派遣を取り付け
痛みで寝られないまま翌日病院へ…

はは、人生初の骨折でした(^^;)

筋が引っ張られた際、腓骨の先がはがれる
裂離骨折だそうな。
ギプスも覚悟していましたが、
より可動域のあるサポーターですんだところもまた
不幸中の幸い(^^;)
201601282.jpg

とは言っても全治1か月(^^;)
ことちちと話しあい、1週間はことちちが
おさんぽを担当してくれることになりました(^^ゞ
ただ ちちはおやつくれないから不満よね(^^;)

この病院は初めて行ったのですが
受付の女性は、ははの手話講座で学んだ方でした(*^▽^*)
手話は忘却の彼方だったようですが
手招きや指さし、表情でわかりやすく
対応してくれました(*^▽^*)

そして待合室で年配の女性に声をかけられたのですが
誰だっけ…(^^;) えーっと…
おさんぽでたまに会う犬連れの方でした(^^;)
さんぽで会えばあいさつをし、ははが聞こえないとわかってからも
わかりやすく身ぶりをまじえてゆっくり話してくれる方です(^^♪
なのに 誰だかわからなかった(^^;)
やはり犬とセットでないと(^^;) 

この方とは手話通訳者をはさんでいろいろ
お話できました。
20年以上難病のご家族を介護しておられるそうです。
こう言っては何ですが、
70歳代と言うその方と同世代は
あまり障害者に理解がある方が多いとは言えず…
ふだんコミュニケーションに工夫が必要なご家族と
過ごしておられるからこそ
ははとも分け隔てなく接してくれるのだなと
目の奥が熱くなりました…。

ネコも3匹飼っておられるそうで
動物がいるとなごむわね」と(*^▽^*)
おっしゃるとおりです(*^▽^*)

201601281.jpg

早く治しておさんぽに行き
あの方ともう少しお話したい、
手話講座も頑張って、いろんなところに
手話の種をまきたい

痛いナミダとうれしいナミダ
二つの涙が流れた骨折の一コマでありました(^^ゞ

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト