FC2ブログ

夏休みの子どもと犬。

日常
08 /19 2014
夏休みの間、小学校中学年から高学年くらいの子どもが 
犬を散歩させているのをよく見かけます。
お手伝いか宿題のようです(^^♪

最初の頃は犬に引っぱられたり
道路ではしゃぎまわって
危ないなぁと思っていた子どもたちも
夏休みも後半になると だいぶ上手にリードして
歩くようになっています(*^▽^*)

はは、そんな子どもたちに
できるだけあいさつをするようにしています。
そして
「上手に散歩させているねぇ」
「お姉さんがいい子だから 犬もうれしいよねぇ」
と 声をかけるようにしています。
子どもたち、照れてうつむいてしまいますけどね(^^ゞ

子どもが巻き込まれる事件が多い
昨今の社会情勢を考えると
子どもだけで犬のさんぽは心配ですが、
おとながしっかり声をかけてあげることが大切なのでしょうね。
ことちちも土手を登って線路に入ろうとした小学生集団に
注意したそうです。素直に聞いてくれたとのこと。
(中学生だったら ちょっとコワいけど(^^;))

普段は忙しく、
犬の世話も親まかせであろう子どもたちも
夏休みの間だけでも 犬としっかりふれあって
心身ともに成長するかなぁ。

そしてこんなふうに 作文に書いてくれたらうれしいなぁ。

はは、10歳に戻って作文を書いてみました(笑)

  「私とことちゃん」 byことはは
ことちゃんは暑苦しい毛皮を着ているので
夏はしんどそうですが 毎日頑張って散歩しています。
自由研究③

暑くても 食欲だけは衰えません。
自由研究①

大食いで、毛むくじゃらで、
よだれや毛のお掃除が大変です。
でも、つらい時も楽しい時もいつもいつも傍らにいて
優しさと勇気をくれる そんなことちゃんが 
私はずっとずっと大好きです!

作文で賞をもらったことなんて一度もない
ははの駄文でありました(^^ゞ

ポチッとお願いします(^^ゞ
    ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト