FC2ブログ

動物病院でのコミュニケーション

ことははのこと
11 /25 2013
ことちゃん月1回の定期検診
DSCF3867.jpg

体重   …26,1㎏ (キープ(^^;)
歯茎の腫れ…特に変化なし。経過観察。

その他、腹部に直径1センチ大の腫瘍のようなものが
2つあるのですが
見たところ良性だろうとのことで、特に検査はしませんでした。
シニアになると、検査や手術は悩むところです…

こと家はことちゃんが初めての犬なので
動物病院に通うのも初めてのこと。
他の病院との比較はできませんが…

この病院の獣医さんも受け付けの方も
聞こえない飼い主さんと接することに慣れていないようで
はは、最初の頃コミュニケーションに悩みました。

獣医さんとの会話はことちちが担当して
あとで内容を教えてくれるのですが、
(ことちちの手話もうまくないので、必要最低限のことだけ…)
会計担当のはは、受付の方が金額や投薬の説明をしてくれるのが
まったくわからなかったのです…(^^;)
薬は量ややり方を間違えるとこわいので、
納得するまで聞き返しました。

通い始めて3年目。
病院側もようやくははへの対応の仕方がわかってきたようです。
パソコンの画像や医学書を見せながら説明してくれたり
多少は筆談もしてくれます。

ははの聞こえない友人にも犬を飼っている人が多く、
病院には聞こえる息子か娘と一緒に行くと言っていました。
(聞こえない人の場合、配偶者も同じ聞こえない人が多いので。)
やはり「あとで教えてもらうけど、必要最低限のことだけ…」だそうで(*_*;

ははも友人もそうなのですが、
意外と家族には聞きづらいことが多いのです。
普段から聞こえないことで、電話や来客への対応など
家族に負担をかけているという負い目もあるのかもしれません…

犬猫の飼育頭数が1千万匹を超え、聞こえない飼い主も増えています。
動物病院の治療対象は動物とは言え、
その動物とともに暮らす飼い主への対応も必要になってきています。
手術が必要とか高額な費用がかかるとか、命に係わる場合は
手話通訳者を同行することも考えていますが
ふだんの通院はもう少し気軽に通えればいいなぁ…(^^ゞ

はは、医療、介護、旅行、ホテル、航空関係の専門学校で
接客マナーの一環として、聴覚障害者への対応についてのお話や
ミニ手話講座をやったことがありますが、
動物の専門学校でもできればいいなぁ(^^ゞ
手話って、犬とのコミュニケーションにもいかせるものがたくさんあるのです。
DSCF3795.jpg

ことちゃんに触れれば グルルルル♪という甘えた声や
具合の悪い時のコンコンという咳もわかります(*^▽^*)
それぞれ手に伝わる振動が違うのです(^^♪
そして… すかしっぺも嗅げるようになり
おなかの具合もばっちりチェックできております(笑)

人間とのコミュニケーションには悩みながらも
ことちゃんとは肌で サインで においで 
楽しくコミュニケーションをとる ははでありました(*^▽^*)
スポンサーサイト