FC2ブログ

寄り添う

ことははのこと
11 /21 2013
ははが今担当している講座は、手話通訳者を目指す人が対象ではなく
まったくの初心者で、手話や聴覚障害を学びたい、理解したい方なら
どなたでも参加できます(*^▽^*)

その中に、病気の後遺症で手足にマヒが残り
高齢者性の難聴も併せ持つ男性がいらっしゃいます。
ご自身のコミュニケーションのためにも手話を覚えたいと
ご夫婦で参加されております。

マヒが残っているので、手話の表現はゆっくり。
発表のために前に出ていく歩みもゆっくり。
他の受講者の皆さんも 当たり前のようにそれを見守ってくれます。

講座の後にはアンケートを書いていただくのですが
この方が先日書いてくださった中に こんな1文がありました。
「以前より手や指が動くようになり、リハビリにもなっている」
「自分が難聴になって初めて、
 聴覚障害者の気持ちがわかるようになった」

先日のイベントも見に来てくださって、
劇が終わった後 ははのところに来て
満面の笑みを浮かべ、大きな拍手をしてくれました(^^ゞ

ははが同じような立場になったら、
こんなふうに 穏やかでかつ力強く生きられるのでしょうか…

ははの周囲には 仕事や身体、家庭の問題を抱えた方もたくさんいます。
分かち合うことはできなくても 寄り添うだけでも、
そして、その人が必要としていることは
できる範囲で協力していければと思っています。

家に帰れば ははに寄り添ってくれることちゃんがいます(*^▽^*)
DSCF3847.jpg

ははもけっこういっぱい泣いてきたのですが
そのたびに ことちゃんのぬくもりにどれだけ助けられたことか。
そう、本当に寄り添ってくれるだけで、あなたの味方だと言ってくれるだけで
頑張ろうと思うのです(*^▽^*)

ことちゃんをはじめ、たくさんの方に支えられていることに
改めて感謝する ははでありました。
スポンサーサイト