FC2ブログ

学校で学んだことを思い出す…

日常
05 /27 2013
2年前に植えた、レモンの木。
高さ30センチほどの小さな木で ホントに実がなるのか半信半疑…

現在1メートル50センチほどに成長し、今年初めて花が咲きました(^◇^)

見た目可憐で 香りも良かったのですが
ちょっと前に続いた強い雨で 
ほとんどが落ちてしまいました(T_T)

かろうじて残った花も 受粉できたのはわずか…
実がなりそうなのは 2,3個だけ(T_T)
2013_05250015.jpg

中学校の地理の授業で学んだことを思い出します。

レモンの生産に適している場所は 
年間を通して降雨量が少なく、温暖なところ。
日本で言えば 瀬戸内式気候
そうだよね、こと家地方のスーパーに並んでいる国産レモンの産地は
ほとんどが広島産。

それにしても、当時の教科書の難しかったこと…(;一_一)
聞き慣れない、見慣れない言葉がたくさんあって
聞こえる人なら先生の説明を聞いて 理解するんでしょうが
先生の話が聞こえないははが、教科書の難しいことばを理解するのって…(@_@;)

聞こえる友人に聞いたら
そんなん、聞こえててもわからんかったよーーーーっ
そんなもんなのか(笑)

今の小中学生の教科書は 
ははが子どもの頃とは比べ物にならないくらい
イラストや写真が多く、平易なことばで書かれてあります。
大人が読んでも楽しいです(*^_^*)

あの頃は 受験のために覚えるだけでしたが
大人になって 自分で植物を育てたり、買い物をしていると
なるほどーと思うことがたくさんあります。
一生懸命詰め込んだことも 無駄ではなかったのかなぁ。

知識と経験の両立が大切ですねっ(^_-)
2013_05250009.jpg

1本のレモンの木を前にして、
若き日を思い出した ははでありました。
スポンサーサイト