FC2ブログ

○○の 車窓から

ことちゃんのこと
07 /01 2012
○○の車窓から((笑)
車窓から 
どこまでも続く のどかな田園風景
この先に ことちゃんが長年過ごした場所があります。

ことはは 犬のことがよくわからなかったので 
高齢犬を引き取ることに 自信がありませんでした(・.・;)

とりあえず 見学だけでも… という気持ちで訪れた 訓練所。
ことちゃんをはじめ 4匹を紹介されました。

1匹ずつ 連れてこられたのですが…

他の犬が ゴロンとおなかを見せて 愛想をふりまく中
ことちゃんが 一番 愛想なしでした(;一_一)
連れてこられた時は 「あ、ども…」 
さわってると 「もう いいですか?
うちの子になりたいかなぁ 「別に…
(ことちゃんの心の声は すべて ことははの妄想です)
たぶん 他の犬より引退して日が浅かったせいかもしれません。

ことはは 他の犬に惹かれたのですが 犬初心者としては
一番小柄で 動きも良かったことちゃんに 落ち着きました(^_^;)

ことちゃんを迎えに行ったその日 係の方が
「こと 赤い首輪だ かわいいね♡」と喜んでくれました。
私たちに 心配かけてはいけないと 涙をこらえて見送ってくださるのがわかりました…

愛想なしと思われた ことちゃん
今じゃ 究極の人たらし と呼ばれています(笑)
こびこび
本当に たくさんの方に愛されてきたのだなぁと つくづく思います。

ことはは ことちゃんの懐かしのこの地で たまにお仕事をしています。
仕事に向かう車窓から この景色を見るたびに ことちゃんと ことちゃんの仲間を思い出し
うるっとします。  トシですねぇ…
長い間頑張った彼らに 良いご縁があることを 願うばかりです。
足せっせ
あし せっせせーのよいよいよい(笑)
ことちゃん あなたに会えて よかった

スポンサーサイト